【仕訳連携】エクセルからの仕訳計上を活用して事務負担を減らす|手順を動画で解説!

経費精算書や旅費精算書など、エクセルで作成している管理資料があればそのまま取り込め、そのまま仕訳連携することができます。

エクセルから手入力をしている仕訳はエクセルをそのまま使えるため効率化するのはもちろん、エクセルから多くの情報をかんたんに取り込めるため、商品別・部門別に細分化したデータを、データ加工することなく取り込めます。

仕訳に計上元のエクセルファイルが貼りつくため、後々の検証作業の効率化にもつながります。

今回の動画の内容

エクセルで入力した旅費交通費の表を、FX4クラウドへ仕訳計上していきます。

※音が出ます

(動画視聴時間:1分10秒)

 

操作手順

・取引記録をフォーマットに貼り付け、エクセルから仕訳を計上します。

・「FX4クラウド」のタブを選択し、仕訳入力の「入力完了」をクリック

 

・「Excelからの計上」のウィンドウが開き、確認し「はい」をクリック

「仕訳を確認してから計上する」にチェックをいれておくと、計上する仕訳一覧を確認した上で計上できます。確認できたら「F4仕訳計上」をクリック

・FX4クラウドの仕訳帳から仕訳を確認できます。

資料のExcelが貼りつきます。

左上の「計上元ファイル」をクリックすると、計上元のExcelファイルを確認できます。

エクセルから計上されたどの仕訳でも計上根拠を参照することができます。

 

※FX4クラウド側の設定についてはまた別の機会に説明させていただきます。

 

 

(参考)ExcelとFX4クラウドの連携方法 過去記事リンク

エクセル出納帳とFX4クラウドの連携|動画で解説!

エクセル小切手台帳とFX4クラウドの連携|動画で解説!

エクセル支払手形台帳とFX4クラウドの連携|動画で確認!

 

戻る:マニュアル一覧