FX4クラウドマニュアル provided by 梅田公認会計士事務所    

ExcelからFX4クラウドに予算登録する方法|エクセルからの予算入力機能

FX4クラウドの新しい機能の紹介です!

普段、各企業さまで予算を管理しているエクセルシートをドラッグアンドドロップなど簡単な作業でFX4クラウドに登録することができます。

また、事前準備として設定が完了すると、以後、簡単に予算を更新することができるようになります。
また予算の確定(ロック)・確定解除もできますので、誤って上書きしてしまったといったようなリスクを防ぐことができます。

予算登録の流れは大きく分けると3ステップです。

 

エクセルからFX4クラウドに予算を登録する3ステップ

マニュアル目次

<STEP1 事前準備>
・エクセルフォーマット(予算入力シート)の登録(FX4クラウドでの操作)

<STEP2 予算入力>(事業年度ごと)
・予算入力シートの取得(Excel(MR設計ツール)での操作)
・予算計上(Excelへの入力)

<STEP3 予算の確定(ロック)>
・予算の確定(FX4クラウドでの操作)

マニュアル・手順

<1 事前準備>

・エクセルフォーマット(予算入力シート)の登録(FX4クラウドでの操作)

 

①予算区分ごとに、FX4クラウドで予算入力シートを設計

FX4クラウド>経営計画タブ>「4 Excelフォーマットへの登録」をクリック

※予算区分をご利用する際は事前に登録しておきます。

 

②企業独自の予算シートをひな型としてFX4に読込む

画面上にシートが再現されます。(文字のみの表示となります)

③ドラッグアンドドロップで、入力項目とセル・列を紐づけ

まず、科目・予算の開始行を設定する。選択すると開始行が強調され表示される。

開始行より上の行に、会社コード、会社名などの項目が表示された青いボタンを該当場所にドラッグアンドドロップする。

 

入力項目を記した青いボタン(科目名、口座名、期首月など)をそれぞれExcel上の該当場所へドラッグアンドドロップします。

「12月目」まで全ての青いボタンのドラッグアンドドロップが完了したら、準備完了です。

「F4 登録終了」をクリック

 

<2 予算入力>(事業年度ごと)

①予算入力シートの取得(Excel(MR設計ツール)での操作)

ExcelのアドオンのMR設計ツールのボタン(入力シート取得ボタン)をクリック

Excel上に予算入力用シートに参考情報がセットされたものが表示されます。

 

・予算計上(Excelへの入力)

予算入力シートに予算額を入力

Excel上の操作(予算計上ボタンをクリック)でFX4クラウドの情報が更新されます。

「F4 登録終了」をクリックで完了。

 

<STEP3>予算の確定(ロック)

・予算の確定(FX4クラウドでの操作)

Excelですと誰でも修正ができますので、誤って修正してしまうリスクがありますが、FX4クラウド上で「確定(ロック)」をすることで、そのリスクを回避することができます。

修正をする場合にはFX4クラウド上で確定解除をします。

FX4クラウド>経営計画タブ>A予算(計画)管理>「3 予算(計画)の確定」

年度及び予算区分を選択し、[確定]ボタンをクリック→該当予算が確定(ロック)

 

関連記事~業績の確認方法~

変動損益計算書の確認方法

利益管理表を設計する~固定費・変動費の設定をしよう~

部門業績ランク表を作成する

経営分析表を作成する

従業員数を登録し、従業員一人当たり売上高を確認する

任意で単位を登録し、一単位当たりの収益費用等を確認する

予算登録をして予算と実績を比較|経営計画

決算の着地点予測をかんたんにシミュレーションしよう

スマート業績確認機能とアプリのダウンロード方法

 

戻る:マニュアル一覧

【FX4クラウド】部門の追加方法|動画で手順を解説

FX4クラウドの「部門」とは

FX4クラウドでは、部門にわけて数字を管理することができます。

支社、店舗、工場など、その任意設定した部門ごとに業績を管理することができるようになります。

各社様の組織に合わせて、設定が可能です。

今回の動画の内容

部門を新たに追加する過程を画面収録しました。

(動画では、一例として「東京支社」を追加しました)

各勘定科目を支社別や店舗別に分けて管理をしたい、業績分析をしたい・・・などというときに便利です。

*音は出ません

(動画視聴所要時間:42秒)

目次・利用手順

・FX4クラウドのトップ表示画面の「会社情報」タブを選択

・Dマスター情報の登録・修正の『33 部門名』をクリック

 

・ウィンドウ左上の「登録」ボタンをクリック

・部門コード、部門名など入力します。

 

・入力が完了したら右下「OK」ボタンをクリック

 

戻る:FX4クラウドマニュアル一覧

 

スマート業績確認機能とアプリのダウンロード方法|FX4クラウドの活用方法

「スマート業績確認機能」を使えば、普段お使いのスマートフォン(Android対応、iOS対応)で最新業績を確認することができます。

スマートフォンのアプリで、売上、限界利益、経常利益、資金繰りの状況等、月次推移、前年対比、計画対比をかんたんに見ることができます。

PCを開かずに、外出先や自宅などでも、いつも自社の状況を把握することができ、とても便利な機能です。

ぜひお使いください。

 

スマート業績確認機能について

(TKC公式)https://www.tkc.jp/fx/smart

 

マニュアル動画

動画視聴時間:32秒
※音はでません。

 

アプリのダウンロード方法

・FX4クラウドのトップページ>「最新業績」タブ>「Dスマート業績確認機能の設定」内「41スマホ等の設定」をクリック

・ご使用のスマホに合わせて、「Android端末をご利用の方」「iPhone・iPadをご利用の方」のボタンをクリック。

→端末に合ったQRコードが表示されるので、スマホで読み取ります。

→「スマート業績確認機能」のサイトが開くので、案内に沿ってアプリをダウンロードする

 

アプリのダウンロードができたら

・パソコン画面に表示されている

「2・証明書の取得」「証明書取得用QRコード」を表示させ、スマホで読み取り、証明書を取得します。

 

戻る:FX4クラウドマニュアル一覧

【FX4クラウドで資金繰りの管理】資金繰り実績表で現状の資金繰りを確認する方法

資金繰りの状況把握には「資金繰り実績表」を見よう

経常収入(営業活動で入ってきたお金)から経常支出(営業活動で出ていったお金)を差し引いた金額がプラスで回っているとお金の流れはOKです。
逆に、経常収入から経常支出がマイナスの場合、借入をして資金を補うことが必要になってきます。

FX4クラウドの資金繰り実績表を見て、経常収支がプラスであり、かつ、借入の返済金額を上回っていれば問題ありません。

 

マニュアル動画

今回の動画では、FX4クラウドのトップページから資金繰り実績表を確認していきます。

 

※音が出ます

動画視聴時間:48秒

 

操作手順

・FX4クラウドトップページ>「資金管理」タブ>「F 資金管理」内「71 資金繰り実績表」をクリック

・資金繰り実績表が表示されます。

経常収支はプラスでしょうか?

収支の内訳は?

まずは、現在の資金の流れを把握しましょう!

 

ダブルクリックで詳細を見ることができます。

この動画では、「経常収入」内の「売掛金入金」の項目をダブルクリックしました。

売掛金入金の詳細が表示されました。

さらにダブルクリックで、取引先ごとの売掛金を一覧見ることができます。

資金繰り実績表のワンポイントアドバイス

下部「F6 四半期計」をクリックすると、四半期ごとに表示が切り替わります。
再度クリックで、月別推移に戻ります
また「F8 年月指定」で、任意の期間の資金繰り実績表を確認できます。

 

 

関連マニュアル記事

【FX4クラウドで業績管理】変動損益計算書の確認方法

【FX4クラウド】経営分析表を作成する

【FX4クラウドでの業績管理】決算の着地点予測をかんたんにシミュレーションしよう

 

戻る:FX4クラウドマニュアル一覧 

 

 

【経営計画】予算登録をして予算と実績を比較|FX4クラウドの活用方法

FX4クラウドに、予算登録することで、月次や年次の予算と、最新の実績を比較して事業の進捗を測れます。

日々入力の進む最新実績を予算と照らし合わせができ、
「現在どの部門が、予算(目標値)に対してどれくらいの実績が足りないのか」が具体的にわかるので、
次の戦略の組み立てや、営業施策の実施、売掛金の回収など、早めに効果的に判断することができます。

 

計画通りなのか、それとも外れているのか、定期的に計画と実績とを比較しましょう。

 

今回の動画では、①予算の登録方法、②予算と実績の比較方法を紹介いたします。

 

マニュアル動画

・動画視聴時間:59秒

※音が出ます

 

 

1 .予算の登録方法

・FX4クラウドのトップページ>「経営計画」タブ>「1予算(計画)登録」ボタンをクリック

・登録する部門をダブルクリック

・月ごとの予算を入力していきます。

直接入力し登録もできますが、「ファイル切出」のボタンをクリックすると、

より効率的に予算登録できます。

<入力時のワンポイント>

【Enter】キーを押したときに進む方向は、【F7】キーを押すことで「縦入力→横入力→縦→横・・」と切り替えすることができます。

 

2.予算と実績の比較方法

予算登録により、予算と実績の比較がFX4クラウドで簡単にできるようになります。

・FX4クラウドのトップページ>「最新業績」タブ>「A最新業績の問合せ」内「1全社業績の問合せ」をクリック

右部分に予算の数字と実績との差が表示されます。

※デモ画面では、予算未登録のため表示されていません。

 

関連記事

【FX4クラウドで業績管理】変動損益計算書の確認方法|動画で解説!

【FX4クラウド】経営分析表を作成する|手順を動画で解説!

【FX4クラウド】利益管理表を設計する~固定費・変動費の設定をしよう~|手順を動画で解説!

【FX4クラウドでの業績管理】決算の着地点予測をかんたんにシミュレーションしよう

 

戻る:FX4クラウドマニュアル一覧メニュー

【FX4クラウドでの業績管理】決算の着地点予測をかんたんにシミュレーションしよう

FX4クラウドでは、決算の着地予測を簡単に数パターンのシミュレーションデータを見ることができます。

決算の着地点予測を早めに実施することで、納税予測や節税対策、さらに先を見越した投資の意思決定を前もって考え、手を打つことができます。

スピードある意思決定をするには、条件を変えた場合の複数のシミュレーションがかんたんにアウトプットされる機能が必須です。

FX4クラウドの着地点予測の機能を使えば、ワンクリックで決算の着地点予測が可能です。

FX4クラウドを使いこなして経営の意思決定のスピードを高めましょう。

今回は、FX4クラウドで着地点予測の機能を利用し、決算の着地予測を確認する手順を紹介します。

※音が出ます
(動画視聴時間:22秒)

操作手順

・FX4クラウドのトップページ「最新業績」タブ、「A 最新業績の問合わせ」「5 当期決算(着地点)の先行き管理」をクリック

・未経過期間について、複数パターンでシミュレーションできます。

<予測方法の選択>

・着地点(目標売上高、目標経常利益)を入力する
・期末の前年比を当月と同一とする
・業績予測値を入力する
・継続MAS等で作成した計画を用いる
・実額で入力する

上記から、選択し、「OK」をクリック

 

・選択した予測方法での決算の着地点を見ることができます。

「変動損益」「資産」「負債・純資産」はタブで切り替えできます。

YOUTUBE動画

YOUTUBEチャンネルで動画配信しています
YouTubeにて、定期的にマニュアル動画を公開しています。

📺会計で会社を強くするFX4クラウドマニュアル

ぜひチャンネル登録をお願いいたします。

(チャンネル登録することで、新着公開動画のお知らせが届くようになります。)

Twitterでも情報配信しています

Twitterアカウントで、新着記事情報・新着動画のお知らせをはじめ、

FX4クラウドについて、情報発信しています。

アカウントをお持ちの方は、ぜひフォローをよろしくお願いいたします。

Facebookページ開設しました

facebookページ「FX4クラウドマニュアル」を開設いたしました。

facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひフォローをよろしくお願いいたします。

コメントやお問合せも受け付けております。

https://www.facebook.com/FX4cloud

 

戻る:マニュアル一覧

【FX4クラウド】利益管理表を設計する~固定費・変動費の設定をしよう~|手順を動画で解説!

利益管理表とは

利益管理表とは、「今どれくらい利益がでているのか、もうけがでているのか」を確認するための表です。

 

FX4クラウドでは、日常業務で入力した仕訳データをもとに、利益管理表を簡単に作成することができます。

 

利益は、売上高から費用を差し引いて求めますが、売上高から変動費を差し引いた「限界利益」、さらにそこから固定費も差し引いた「達成利益」など、それぞれの数字を確認・分析することで、経営に役立てることができます。

そこで、問題となるのが、「変動費と固定費の設定」です。
どの勘定科目を変動費・固定費と設定するのか。
各社の事業内容やビジネスモデルによって、設計は異なります。
FX4クラウドでは、変動費と固定費を自由に設定することができます。

 

 FX4クラウドの利益管理表の特徴

・変動費と固定費を勘定科目ごとに設定できる

・簡単に管理会計(経営に役立つ数値管理手法)を導入できる

・実際のもうけが分かる

 

<<今回の動画の内容>>

今回は、変動費と固定費の設定・変更方法を紹介していきます。

今回は例として、販売促進費(固定費)とされていた「広告宣伝費・容器包装費・発送配達費」を
「固定費」から「変動費」に変更し、再集計しています。

 

*音は出ません

(動画視聴所要時間:3分)

 

 

目次・利用手順

・トップ表示画面の「会社情報」タブを選択

・C 勘定科目情報の登録・設計 の『22 利益管理表の設計 』をクリック

・上部「固変区分」をクリック

各勘定科目が、固定費として設定されているのか、変動費として設定されているのかを確認することができます。

「固変区分」の列をクリックすると、タブで「変動費・固定費・準固定費」のいずれかをドロップダウンリストから選択できます。

今回は例として、「広告宣伝費・容器包装費・発送配達費」を
「固定費」から「変動費」に変更しています。

変更が完了したら、「F4 戻る」をクリック

 

<変更されたか確認してみる>

・一覧から「販売促進費」をクリック

→先ほど変動費に変更をした「広告宣伝費・容器包装費・発送配達費」は見当たらない

 

・「その他変動費」の一行上の空欄をクリック
→先ほど変動費に変更をした
「広告宣伝費・容器包装費・発送配達費」が確認できた。

・項目名を入力(今回は「広告宣伝費」としました)

新しい項目は登録されていることが確認できました。

<再集計をする>

・上部「再集計」をクリック

期間を選択し、「OK」をクリック

戻る:マニュアル一覧

 

【FX4クラウド】部門業績ランク表を作成する|手順を動画で解説!

 部門業績ランク表とは

FX4クラウドでは、部門別の収益費用・業績を一覧で表示でき、「部門業績ランク表」と呼んでいます。作成も簡単です。

 

 FX4クラウドの部門業績ランク表の特徴

・部門ごとの業績が降順に並び替えられるため重要度が明確になり管理しやすくなる

・グラフ化されるため理解が容易

・一人あたり売上高等、生産性分析ができる

・ダブルクリックで各部門の変動損益計算書や各取引単位までドリルダウンできるため詳細な分析が可能

 

部門業績ランク表では<限界利益><達成利益><経常利益>の3つのシートを確認できます。

 

<限界利益>とは

売上高から売上高に比例して増減する費用(変動費)を差し引いたもの

<達成利益>とは

限界利益から(部門)固定費を差し引いたもの

<経常利益>とは

事業全体から得た売上高から費用(固定費+変動費)を差し引いたもの

 

今回の動画の内容

今回は、この部門業績ランク表の作成方法を紹介していきます。

まず、部門業績ランク表を確認し、次に部門別の生産性分析、さらにグラフの作成をしていきます。

*音は出ません

(動画視聴所要時間:1分47秒)

 

 

目次・利用手順

・FX4クラウドのトップ表示画面の「最新業績」タブを選択

・A最新業績問い合わせの『3 部門業績ランク表 』をクリック

 

・<限界利益シート>
各部門が、限界利益の降順にならんで表示されています。

各部門名をダブルクリック(ドリルダウン)することで、各部門の詳細な変動損益計算書を確認することができます。

 

タブで<達成利益シート><経常利益シート>を見ることができます。

 

◎生産性分析をする(従業員一人当たりの数字を確認する)

・左上「生産性分析」をクリック

・「一人当たり」にチェックが入っていることを確認し、「OK」

・それぞれ「従業員一人当たり」の数字が算出され、その降順で部門が並んでいます。

◎グラフにする

・上部「グラフ」をクリック

・各部門別のグラフが表示される


・タブにて「売上高」の他に「仕入高」「限界利益」「人件費」など異なるグラフをワンクリックで確認することができます。

 

◎便利なグラフ機能の紹介

・「F6 計画比」 予算との比較したグラフ作成

「F7 比較期間」当期比較・当月比較・指定期間比較のグラフ作成などの機能が備わっています。

 

部門業績ランク表(部門業績管理)が必要な企業

 

・利益率の異なる複数の商品(サービス)を取り扱っている

・複数の事業所(店舗)がある

・取引先が複数に分かれている

 

以上のような場合、部門別(最小事業単位)の業績管理が重要となってきます。

各部門別の変動損益計算書を把握、比較分析することで、部門別の問題点や今後の経営方針などが見えてきます。

 

部門業績ランク表(部門別の変動損益計算書)のチェックポイント

 

限界利益はどうか

売上高は多くても限界利益率の小さい部門と、限界利益率の大きい部門があった場合、今後限界利益率の高い部門へのパワーシフトを検討する。

限界利益で赤字の部門→改善の余地がないか。ない場合には撤退の検討をする。

 

部門達成利益はどうか

赤字であれば、部門撤退も含めた対応策の検討が必要。

撤退した場合、部門費用をゼロにできればいいが、人の異動・移籍ができない場合、人件費が問題となる。人員削減も含めて、検討が必要。

 

以上のように、確認することで今後の経営計画作成の方向性が見えてきます。

自社の部門別の業績を確認し、日々の経営に役立てていきましょう!

戻る:マニュアル一覧

 

【FX4クラウド】経営分析表を作成する|手順を動画で解説!

FX4クラウドでは、簡単に経営分析表を作成・確認することができます。
今回はその経営分析表の特徴と作成方法を紹介いたします。

FX4クラウドの経営分析表の特徴

過年度との比較だけではなく同業他社との比較を行うことで自社の状況をより客観的に把握することができる

同業他社との分析には「BAST値」と呼ばれるデータを活用します。

*BAST(バスト)とは~解説~
BASTとは、TKC経営指標とも呼ばれ、同じようにFX4クラウドをはじめとするTKCの会計ソフトを利用している企業様の経営状況や財政を分析したものです。
TKC会員である会計士や税理士が定期的に監査し導き出された帳簿データを基としています。
https://www.tkc.jp/tkcnf/bast

分析資料を新たに作る必要がなくなる

一度の作業で、「収益性分析」シート、「生産性/安全性/債務償還能力」シート、「ローカルベンチマーク」シートと3つの分析資料を作成可能です。
過年度比較だけでなく同業他社比較も一シートで比較可能になっています。

今回の動画の内容

実際にFX4クラウドを使用し、経営分析表を作成する過程を画面収録しています。

*音は出ません
(動画視聴所要時間:1分14秒)

目次・利用手順

・FX4クラウドのトップ表示画面の「最新業績」タブを選択

・A 最新業績問い合わせの『2 経営分析表 』をクリック

BAST値選択」というウィンドウが開く

自社と比較対象となる企業データを絞り込むため、表示単位(大分類・中分類・細分類)、表示種類(優良企業平均・黒字企業平均など)を選択し、OKをクリック

・自社の数字とBAST値の比較表が表示されます。

「収益性分析」シート、「生産性/安全性/債務償還能力」シート、「ローカルベンチマーク」シートと、タブで表示を切り替えることが可能です。

 

経営分析表の指標について

経営分析表に記載される指標について、以下の表にまとめました。

経営分析の際にお役立てください。

収益性分析

経営分析表指標解説PDF

生産性・安全性・償還能力

経営分析表指標解説(生産性・安全性・償還能力)

ローカルベンチマーク

経営分析表指標解説(ローカルベンチマーク)

戻る:マニュアル一覧

 

【FX4クラウド】任意で単位を登録し、一単位当たりの収益費用等を確認する|手順を動画で解説!

FX4 クラウドでは、従業員数の他にも任意の単位を登録しておくことで、「一単位あたり売上高」を簡単に算出することができます。

例えば、取引回数操業時間床面積など、それぞれの事業やお取引に合わせて設定することができます。

<関連記事>

【FX4クラウド】従業員数を登録し、従業員一人当たり売上高を確認する|手順を動画で解説!

今回の動画の内容

<1>単位を登録または確認・変更する
<2>1単位あたりの収益費用などを確認する

*音は出ません

(動画視聴所要時間:1分52秒)

 

目次・利用手順

<1>単位を登録または変更する

・FX4クラウドのトップ表示画面の「月次・年次決算」タブを選択

・A 月次決算の『3 従業員数等の登録 』をクリック

・「単位数量」タブを選択し、「単位編集」をクリック

・「登録」をクリック

・今回は例として「取引回数」という項目を追加していきます

 

・入力後、「F4 登録終了」をクリック

一旦戻る

 

<2>1単位あたりの収益費用などを確認する

・FX4クラウドのトップ表示画面の「最新業績」タブを選択

・A 最新業績問い合わせの『1 全社業績の問合せ 』をクリック

→変動損益計算書が表示されます

・下部「F5 生産性分析」をクリック

・「単位当たり」にチェックを入れて、ドロップダウンリストから「単位」を選ぶ
(今回は、先ほど登録した「取引回数」を選択しました)

・「F6単位登録」→各月の取引回数を入力していきます

入力完了したらOK

・取引回数あたりの各項目の数字を確認できました

・「F7 比較期間」をクリックすると、「当期比較」「当月比較」「指定期間比較」など比較ができます

戻る:マニュアル一覧