【FX4クラウド】経営分析表を作成する|手順を動画で解説!

FX4クラウドでは、簡単に経営分析表を作成・確認することができます。
今回はその経営分析表の特徴と作成方法を紹介いたします。

FX4クラウドの経営分析表の特徴

過年度との比較だけではなく同業他社との比較を行うことで自社の状況をより客観的に把握することができる

同業他社との分析には「BAST値」と呼ばれるデータを活用します。

*BAST(バスト)とは~解説~
BASTとは、TKC経営指標とも呼ばれ、同じようにFX4クラウドをはじめとするTKCの会計ソフトを利用している企業様の経営状況や財政を分析したものです。
TKC会員である会計士や税理士が定期的に監査し導き出された帳簿データを基としています。
https://www.tkc.jp/tkcnf/bast

分析資料を新たに作る必要がなくなる

一度の作業で、「収益性分析」シート、「生産性/安全性/債務償還能力」シート、「ローカルベンチマーク」シートと3つの分析資料を作成可能です。
過年度比較だけでなく同業他社比較も一シートで比較可能になっています。

今回の動画の内容

実際にFX4クラウドを使用し、経営分析表を作成する過程を画面収録しています。

*音は出ません
(動画視聴所要時間:1分14秒)

目次・利用手順

・FX4クラウドのトップ表示画面の「最新業績」タブを選択

・A 最新業績問い合わせの『2 経営分析表 』をクリック

BAST値選択」というウィンドウが開く

自社と比較対象となる企業データを絞り込むため、表示単位(大分類・中分類・細分類)、表示種類(優良企業平均・黒字企業平均など)を選択し、OKをクリック

・自社の数字とBAST値の比較表が表示されます。

「収益性分析」シート、「生産性/安全性/債務償還能力」シート、「ローカルベンチマーク」シートと、タブで表示を切り替えることが可能です。

 

経営分析表の指標について

経営分析表に記載される指標について、以下の表にまとめました。

経営分析の際にお役立てください。

収益性分析

経営分析表指標解説PDF

生産性・安全性・償還能力

経営分析表指標解説(生産性・安全性・償還能力)

ローカルベンチマーク

経営分析表指標解説(ローカルベンチマーク)

戻る:マニュアル一覧