【MR関数】「FX4処理年月日」関数|処理年月

MR(マネジメントレポート)関数とは、FX4クラウドExcelを連携させMR設計ツールを使用する際に利用する独自の関数です。
今回は、そのMR関数の中でも「処理年月」の関数、「FX4処理年月日」関数を紹介いたします。

 

<参考>
【MR関数】MR設計ツールで使える独自関数一覧表

 

「FX4処理年月日」関数とは

年月日情報を取得します。

この関数から取得した年月日情報を「支払い予定額」「入金予定額」関数の引数に指定することにより、予定額を取得できます。

 

入力方法と引数

=FX4処理年月日(会社コード,”最終処理年月日”,”当日”)

 

<1>会社コード

どの会社の処理年月日を取得するかを会社コードで指定します。

<2>基準年月日

処理年月日の基準となる年月を以下のように指定します。

最終処理年月日」:最新の伝票入力年月日とする
当月開始年月日」:月次決算魅了月のうち1番古い月の開始日とする

直接任意の年月日を入力することもできます。
年月日は、Excelの日付形式かFX 4処理年月日関数の戻り値としてください。
それ以外の値を指定すると、正しい結果が表示されません。

<3>年月日区分

<2>「基準年月日」欄に入力した値を基準に取得する年月日を以下のいずれかから選択します。

「当日」:そのまま取得する
「前日」:前日を取得する
「翌日」:翌日を取得する
「前年同日」: 前月の同日を取得する
「翌月同日」: 翌月の同日を取得する

 

入力例

=FX4処理年月日(999,”最終処理年月日”,”当日”)

↑Excel上でFX4クラウドにログイン済みであれば、コピー&ペーストで数式を利用できます。

(会社コード999はダミー番号です)

 

→令和2年11月30日

といったように、年月日が表示されます。

(注意)年月日が1桁の場合直前に半角スペースを1文字挿入します。

 

関連する関数

【MR関数】「FX 4処理年月」関数|処理年月

 

戻る:【MR関数】MR設計ツールで使える独自関数一覧表