【MR関数】「FX 4プロジェクト別科目残高」関数|科目別残高

MR(マネジメントレポート)関数とは、FX4クラウドExcelを連携させMR設計ツールを使用する際に利用する独自の関数です。

今回は、そのMR関数の中の「科目別残高」関数、「FX 4プロジェクト別科目残高」関数を紹介いたします。

 

<参考>

【MR関数】MR設計ツールで使える独自関数一覧表

 

「FX 4プロジェクト別科目残高」関数とは

プロジェクトコードごとの実績額を取得します。

 

 

関数の入力方法と引数

 

<1>取得する金額

取得する金額を以下のいずれかの文字を入力します。

累計額」:指定月におけるプロジェクト開始からの累計額を取得する
期間発生額」:期間発生額を取得する
貸方発生額」:貸方の期間発生額を取得する
貸方発生額」:貸方の期間発生額を取得する

<2>集計開始年月

金額の集計期間の開始年月を指定します。
指定した年月以降の期間が集計期間となります。
なお、<1>「取得する金額」が「累計額」の場合は、この<2>「集計開始年月」には<3>「集計終了年月」と同じ値を入力します。

年月は、Excelの日付形式かFX 4処理年月関数の戻り値としてください。
それ以外の値を指定すると正しい結果が表示されません。

また、年月に続けて、「日」を指定しても無視します。

<3>集計終了年月

金額の集計期間の終了年月を指定します。
指定した年月以前の期間が集計期間となります。

年月の注意点は<2>「集計開始年月」と同じです。

<4>会社コード

どの会社の金額を取得するかを会社コードで指定します。

<5>プロジェクトコード

どのプロジェクトの金額を取得する日をプロジェクトコードで指定します。

<6>勘定科目コード

どの勘定科目の金額を取得するかを勘定科目コードで指定します。

なお、次の勘定科目コードと合計項目は取得できません(指定した場合、「#VALLUE!」とエラー表示になります)。
>3331繰越利益剰余金、16株主資本計、19純資産の部合計、20負債・純資産の部合計、9111当期純利益(損失)、9611繰越利益剰余金期末残高

<7>口座コード

どの口座の金額を取得するかを口座コードで指定します。口座ごとの金額を取得しない場合は省略できます。

 

使用例

ケース1 令和1年4月から令和2年3月の期間に発生した任意のプロジェクトの勘定科目別残高を表示させたい

=FX4プロジェクト別科目残高(“期間発生額”,”令和1年4月”,”令和1年9月”,会社コード,プロジェクトコード,勘定科目コード,口座コード)

(会社コード,プロジェクトコード,勘定科目コード,口座コードは各コードの数字に置き換えてください)

戻る:【MR関数】MR設計ツールで使える独自関数一覧表