<6>【MR設計ツール】取引先別売掛金残高の前年対比資料の作成|動画で手順を解説

前回まででは、最新の科目勘定残高を一覧にして確認するところまで解説いたしました。今回はさらにExcelの関数も利用し、取引先別売掛金残高の前年対比資料を作る過程を見ていきます。

MR設計ツールで取引先別売掛金残高の前年対比資料作成するメリット

・取引先別に昨年同月比の売掛金残高が一覧で把握できる

→昨年に比べて回収ができているか、遅れはないかなどが把握できる

→今後の営業戦略にも役立てることができる

・作業負担(時間・工数)の軽減

・転記や計算ミスの防止

 

今回の動画の内容

前回までのおさらい

マスター情報を配置し作成した売掛金残高のある取引先一覧と最終処理年月を掛け合わせ、最新の月次の取引先別売掛金残高を一覧表示しました。

今回の内容

今回は、前回までのおさらいをした後、その横に最終処理年月の一年前のデータを表示させ、さらにExcelの引き算の関数も利用して、前年対比の数字を一覧表示させます。

*音は出ません

(動画視聴所要時間:1分51秒)

 

目次・手順

・前回までのおさらい。https://fx4.cloud/mr_tool5/と重なる部分はここでは割愛いたします。

・データを表示させたいセルを選択しておきます。

・「処理年月」タブを選択し「処理年月」をクリック→「引数の指定」の入力画面が開きます。

※この場合、「G5」は関数で表示された最終処理年月です。

・「勘定科目残高」を表示。https://fx4.cloud/mr_tool5/参照

 

・さらに横に「前年同月比」の行を作成。Excelの引き算の関数を利用し、前年比の数字を表示→セル右下隅の「+」を下までドラッグして表示(オートフィル)

MR設計ツールを使って、経営管理資料の作成を省力化しましょう。
動画の内容のとおり作成してみてください。

前のマニュアル:取引先別売掛金残高の配置

戻る:マニュアル一覧